居間のような美容室

 

いつも髪の毛を切ってもらっている美容師さんからの依頼で始まった仕事。いつかデザインしてみたいと願っていた機会がついにやってきたという感じ。2店舗目をオープンされるということで、設計と諸々のデザインを任された。

「Hair Salon」に求めたいものは、単純に髪の毛を切ったり、染めたりするだけではなく、会話を楽しんだり、待ち時間に考え事をしたり、本を読んだりと多様である。居間は住宅の間取りの中で最も多様性に満ちた空間。テーブルがあったり、本棚があったり、植物があったり、多様である。居間には好きなもので取り囲まれている居心地の良さがある。最も日常的な空間でありながら、日常の忙しなさから抜け出せるような「特別な居間」として美容室をデザインした。