集いのための補修

 

浜松市中区に立地する2階建て木造住宅の改修工事。建物の最も古い部分は築40年ほどになり、20年前に増改築されている。そして今回更なる改修工事の依頼があった。時間の経過により、雨漏りや床のたわみなどの劣化があった。同時に暮らしの変化に対応する必要があった。

 

さらには近所の都市公園の開発指定区域に設定されているため、いずれは取り壊さなければならない条件がある。そのためコストを掛け過ぎてしまうことは合理的ではない。しかしいつになるか分からない開発を待って暮らし難い空間に住み続けることもできない。

 

要望は、物置として利用している和室を客間として機能させること、ウォークインクローゼットの確保である。

それらを満たし、コストを抑えつつ、必要な補修を行い、暮らしやすく人が集える空間を目指した。